怖くても、好きなことをやろう。 第0話 プロローグ

怖くても好きなことをやろう

「怖くても好きなことをやろう」

これは、2020年11月、とあるオンラインサロンで、ゲストスピーカーとして登壇したときのテーマです。

初めてのオンラインセミナーでしたが、参加者の方からは概ね好評をいただけて、僕としても自信になりました。

セミナーでは、僕がここ2年間でたどってきた「独立〜商品開発〜現在」の体験談をお話しました。

「勇気が出た」
「心にしみた」
「好きなことをもう一度見直してみたい」

などのお声をいただけ、自分としては聴いてくれる人を勇気づけたいという思いを込めてお話したので、うれしい限りです。

このセミナーの反応を受けて、これから起業したいという方や、自分で商品やサービスをつくってスモールビジネスを立ち上げたいという方を応援したいという気持ちが、ムクムクと湧き上がってきました。

特に小さなお子さんがいる方家庭と仕事を両立させたい方を、応援していきたいと思っています。

なぜなら、僕自身が「家族との時間もしっかりと持ちながら、情熱を持って仕事をするには、自分でビジネスを立ち上げるしかない」という思いで、会社員から独立を決めたからです。

僕は、2019年2月に前の会社を退職し、4月から個人事業主としての活動をはじめました。

それなりの思いと意気込みを持って望んだつもりでしたが、すぐに行き詰まりを感じ始め、あと数ヶ月しか貯金が持たないというところまで来ました。

追い込まれた僕は、そこから一念発起して「自分の好きなことだけをやっていこう」と腹を括りました。

それ以降、家族の支えと応援を受けながら、人のご縁や幸運にも恵まれ、いまでは自分の商品を販売して生計を立てられるところまでこぎつけました。

オリジナル商品「ほめほめノート」
オリジナル商品「ほめほめカード」

やっとスタートラインに立てたばかりではありますが、それでもかつての僕からすれば、大きな成長であり、憧れていた日々を送ることができています。
この道程で得た学び・経験は大きな財産であり、かつての僕に分け与えてあげたいものでもあります。

そんな僕の学び・経験を、連載コンテンツ「怖くても好きなことをやろう」として、これから少しずつアップしてきたいと思います。

会社員時代の僕が読んだら勇気が湧いてくるような、「自分もできるかもしれない」と思えるような、そんな連載を目指します。

どうぞ、おたのしみに。

連載:怖くても、好きなことをやろう。

関連記事