七五三詣

いいことメガネ  2020年11月09日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
月曜日のテーマは、「うれしかった話」です。


先日、娘の七五三詣に行ってきました。
着物姿も気に入ってくれたようで、しきりに「かわいいでしょ」と聞かれました。
ご祈祷・参拝も無事に終え、短冊に願い事を書く時、ここまで無事に育ってくれてよかったと、しみじみ思いました。

境内に飾られた絵馬にも「家内安全」「健康」が書かれたものがたくさんありました。家族みな、健康で1日を過ごせることは本当にありがたいことです。

僕は「家族と毎日夕ごはんを食べる」ことを大切にしていて、そのために今の働き方を選びました。それが叶っている今の日々が、僕が自分らしい人生を送れている証です。平日の日中に、気兼ねなく七五三詣が出来ているのも、そのおかげ。「ああ、いい人生だな」としみじみした日でした。

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

 

「いいことメガネ」一覧へ>

 

タグ:
関連記事