GOOD&SHAREについて

「人生は、グッドなことで、あふれてる。」

はじめまして。
GOOD&SHARE 代表の、牧野彰邦(まきのてるくに)です。

GOOD&SHAREは、「人生は、グッドことで、あふれてる。」をテーマに、ふれると心があったかくなるようなコンテンツ作りをしています。

「人生は、グッドなことで、あふれてる。」というのは、ぼくが信じていることであり、ぼくが信じたいことでもあります。

はっきり言えることは、ぼくは、グッドなことであふれている人生を送りたいということです。

「もし、そんな人生を、自分で選んで送ることができたら?」

あるときぼくはそう考え、日々の生活の中に、グッドなことを探してみることにしました。

いわば、グッドな人生であることの「証拠さがし」です。

仕事に向かう、駅までの道のりの中に。
コーヒーショップでの、店員さんとのやり取りの中に。
家族と食べる、夕ごはんの時間の中に。

そうして、わかったことが2つありました。

1つは、グッドなことは、何気ない日常の中に、たくさんあふれている、ということ。

もう1つは、グッドなことは、見ようとしなければ、見てこない、ということでした。

うれしいときも、たのしいときも
悲しいときも、辛いときも
グッドなことは、かならず、ぼくたちの身の回りにあります。

ぼくたちが見ようとしさえすれば、グッドなことであふれた人生を送ることができるのです。

そのことを証明するために、ぼく自身の人生のために、
ぼくはGOOD&SHAREを立ち上げました。

グッドなこと集めて、「ね、やっぱり人生ってすばらしいでしょ?」と自分に見せてあげたい。

そして、どうせだったら、他の人におすそ分けしてあげたい。

こんな思いを込めながら、GOODなコンテンツをつくり、みなさまにSHAREしていきます。

牧野彰邦

Terukuni Makino

1985年福井県生まれ。一児の父。慶應義塾大学文学部卒。2019年の転職活動中に「家族と起業の両立なんて無理だ」と言われたことで、逆に火がつき、独立を決意。GOOD&SHAREを立ち上げる。パーソナルコーチとして、経営者、大手上場企業マネージャーなどのサポートも行っている。
家族と夕ごはんを食べることが、毎日の幸せ。