頭のなか、空っぽになる時間。

いいことメガネ  2020年12月16日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
水曜日のテーマは、「いやされた話」です。


うちの娘はブロック系のおもちゃが好きらしいです。

先日、娘と一緒にレゴで遊びました。僕は中学生ころまでレゴで遊んでいたので、久しぶりに触ったら夢中になってしまいました。
緑色の基盤ボードに、庭付きの家をつくりました。旗を立ててみたり、窓やドアをつけてみたり、子どもに戻った気分でした。

手を動かしながら、作りたいものをイメージして、それにちょうど合うパーツを探して組み上げていくのは、無心になれて気持ちよかったです。それに、ただ、それだけをやる、っていう時間は大事だな〜と感じました。頭のなかが空っぽになるっていうか、浄化されるっていうか。

クリスマスも近し、レゴ買っちゃおうかな〜。

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

いいことメガネ一覧へ
タグ:
関連記事