心がやわらかくなるお絵かき

いいことメガネ  2020年11月10日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
火曜日のテーマは、「たのしかった話」です。


昨日、娘の遊びに付き合って、クレヨンでお絵かきをしました。

娘に「どのいろにする?」と聞かれ、オレンジ色のクレヨンを選びました。娘は青色。

大きなカレンダー用紙の裏に、大きな丸をぐちゃぐちゃに描いていく娘。それを真似する僕。気が済むと、色を変え、またぐちゃぐちゃに丸を描く娘。それを真似する僕。
そこに何の意味も持たせず、何のルールもない。
誰かのためでもなく、自分のためでもない。
ただ、思うがままに自由に描いていくのが、とても気持ちよかった。

心が凝り固まらないよう、こうして娘を見習おうと思ったお絵かきの時間でした。

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

 

「いいことメガネ」一覧へ>

 

タグ:
関連記事