朝の静かな時間

いいことメガネ  2020年12月09日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
水曜日のテーマは、「いやされた話」です。


 少しずつ早起き習慣を始めています。今朝も5時半に起きました。いまの時期だと外はまだ真っ暗で、家族も誰も起きていません。

 起きて一番初めにやることは、窓を開けることです。新鮮な空気を吸い込み、体が静かに目覚めていきます。
 夜明け前独特のシーンとした静けさが気持ちよく、とても有意義な時間を過ごしている気がします。

 さらに昨日から、白湯を飲むことを始めました。ポットを火にかけ、10分ほど沸かしつづけます。静かなキッチンにコトコトとお湯の音が響いて、気持ちも落ち着き、いい感じです。

 早起きは眠いけど、しばらく続けてみようと思っています。

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

いいことメガネ一覧へ
タグ:
関連記事