【出店レポート】文具マーケット(第1回)

お知らせ

こんにちは、GOOD&SHAREの牧野です。

先日9月11日(日)に行われた「文具マーケット(第1回)」に出店してきました。

会場の、3331 Arts Chiyodaは、旧千代田区立練成中学校を改修して誕生したアートセンター。
入口すぐのコミュニティスペースを貸し切って行われました。

開場は11時からでしたが、開始20分前にもなると、お客さんが並びはじめていました。

この日は、全部で20組が出店。オリジナル文具はもちろん、中古文具や、文具にまつわる同人誌なども出品OKというゆるさで、バラエティ豊かなお店が並んでいました。

イベントは第1回にも関わらず、300人以上が来場されたとのことです。

主催者のスモール出版さんによると、今回は入場料500円(小学生以下は無料)でしたが、次回以降は、入場料なしで検討されているとのこと。規模も会場もより大きくすることを目指しているそうです。

イベント出店の感想

GOOD&SHAREのブースはこんな感じで設営しました。

今回の個人的ハイライトとしては、ほめほめノートの説明をしながら、お客さまと「1日を無事に終えられることの大事さ」について盛り上がれたことでした。話ながら、うれしくなっちゃいました。

他にも、ほめほめカードを「もうすぐ、推しの誕生日なので、書いて贈ります!」と買ってくださった方もいらっしゃいました。

イベント出店は、7月の「LUCY BOX MARKET」に続いて2度目。来場されるお客さんの層は、ガラッと変わりましたが、GOOD&SHAREの商品に興味を持ってくださる方は、なんとなく共通点があるように感じました。

感覚的なことなので、まだうまく言葉にはできないのですが、今後もイベントに出て、お客さまと直接お話しすることで、「GOOD&SHAREのお客さま」がどういう方なのかが、見えてきそうな気がしています。

コロナのことも考えて、躊躇していましたが、もう少し積極的にイベントに出てみようかと思うようになりました。あえてジャンルを問わず、いろんなイベントに出てみた方が、「GOOD&SHAREのお客さま」が、よりイメージしやすくなりそうです。

例えば、ヨガやセルフリトリート系のイベント。オーガニックフードなどのイベント。ジェンダーフリー、ジェンダーレス関係のイベント。といった、自分自身、生活、環境に関心が高い人たちが集う場所などはどうだろう。そういった場に出ていくことで、自分個人としても、学ぶことが多そうです。

とまあ、色々と次に繋がりそうな、収穫の多いイベント出店となりました。ご来場くださった方々、関係者の皆さま、ありがとうございました。

タグ:
関連記事