はじめての手作りハンバーガー

いいことメガネ  2020年09月18日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
金曜日のテーマは、「ワクワクした話」です。


昨日、ふと思い立ち、手作りハンバーガーをつくることにしました。

この数日間、エクセルで数字とにらめっこの日々が続いたせいか、なんだか目や肩が非常に疲れていまして。ずっとパソコンの画面ばかり見ていて、視点が動かないからなのかなと思うのですが。
気分転換に料理をしようと思い立ったわけです。

どうせやるなら、たっぷり時間をかけてやろう。何をつくろうか。そう言えば、娘がおもちゃのハンバーガー屋さんセットで遊んでいるから、本物のハンバーガーをつくってあげよう!

というわけで、バンズ(パン)から焼いてみることに。
ちなみに、イチから自分でハンバーガーを作るのは今回が初めてです。
ワクワク!

バンズのレシピを検索してみると、それもバターが使われています。
我が家はバターを使わないので、自己流で大体のレシピをつくり、ホームベーカリーで一次発酵まで済ませました。

濡れ布巾をかけて少し休ませます(ベンチタイムというらしい)。
オーブンで二次発酵を済ませたあと、生地の表面に卵を刷毛で塗ってから、180℃で15分。

おおー!出来上がりは、思ったよりいい感じにできた。でも、かなりデカイ・・・。

続いては、クラシルのレシピを参考に具材の買い出しに。
トマトは重要なので、ちょっといいのを買う。アボガドとチーズも忘れずに。お肉は合いびき肉で。パン粉は、昨日焼いたパンを削ればいいや。ジンジャエールも一緒に飲みたいので、レモンと炭酸を買う。

というわけで、無事買い出しを終えたころに、娘と奥さんが帰宅。おかえり〜。今日はハンバーガーですよ!みんな嬉しそう!

ひたすらクラシルのレシピ通りに準備を済ませたところで、娘と一緒にお風呂に入る。ささっとシャワーで済ませてしまおうね。

さっぱりした後、パティを焼いていきます。予め用意しておいた付け合せのポテトと人参のグリルも、オーブンで焼き上がってきた。バンズを焼き、マヨネーズを塗り、野菜類を乗せておき、あとはパティが来るのを待つだけ。

いい感じにパティが焼けてきたところで、チェダーチーズを載せて蒸し焼きにして、溶けたら完成〜!
バーガー袋をクッキングペーパーで作り、竹串を刺してお皿に盛り付けます。

こんな感じ。

ハンバーガーの画像

それではいただきます!

思ったより美味しい!よかった!みんな嬉しそうに食べてくれてる!
娘も普段食べないトマトとじゃがいもを、バクバク食べてる。おかわりまでしてる。よかった〜!
手作りジンジャエールも一緒に飲みながらのハンバーガーは最高でした。

「また作ってね!」と娘にリクエストをもらえたので、次は牛肉100%で作ってみようかと思います。
いいリフレッシュになりました。
やっぱり料理はワクワクしますね。

 

おいしい
じゃなくて

おしまい

 

いいことメガネについて

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

読んでいるだけで、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

 

「いいことメガネ」一覧へ>

 

タグ:
関連記事