暮らしを変化させていく。

いいことメガネ  2020年11月19日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
木曜日のテーマは、「ドキドキした話」です。


自分で始めておいて、こんなことを言うのもなんですが、週に1度回ってくる「ドキドキした話」は実は一番書くのに困るテーマだったりします。真新しいドキドキした出来事というのは、生活を日常的にしようとすればするほどに、遠ざかってしまうものだからかもしれません。

もし僕がバックパッカーとして放浪の旅に出ようものなら、それこそドキドキすること頻発する非日常の連続の日々になることでしょう。けれども、穏やかで安定したリズムの暮らしのなかでは、ドキドキすることには出会いにくいものです。むしろそれが起こらないように工夫しているくらいですから!

ドキドキすることは、日常を変化させなければ出会えないのかもしれません。そしてそれは必要なことにも思えます。変化とは工夫であり、暮らしを工夫することは、よりよい暮らしにつながるはずだから。

意図的にドキドキすることに出会うための工夫を、ちょっと心がけてみようかと思います。

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

 

「いいことメガネ」一覧へ

 

タグ:
関連記事