毎朝、作曲をするという習慣。

いいことメガネ  2020年11月06日

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ『いいことメガネ』。
金曜日のテーマは、「ワクワクした話」です。


数年前、毎朝仕事に行く前の30分で曲をつくってsoundcloudという音楽配信サービスでアップロードする、ということを習慣にしていました。曲とは言っても、ただの音の断片であることの方が多く、良くてワンフレーズ、ときにはドラムの音だけという日もありました。

ただ、ひとつだけ自分の中で条件を設けていました。それは、今までにやったことのないことを試すということ。ドラムの音だけという日でも、試したことのないエフェクトをかけてみるとか、新しいリズムパターンを組んでみるとか、何かしらのトライをしていたので、少しずつ積み上げていっている感覚がありました。その積み上げにより、後にポルトガルのあるレーベルから音源リリースの誘いがかかるというサプライズもありました。あれはうれしかったなあ。

最近は音楽から遠ざかっていたのですが、久しぶりに毎日作曲の習慣を再開してみようと思い立ちました。やっぱり音楽を作るということは、僕にとって大切なことのような気がします。なんだか今はすごくワクワクしているんです。

 

『いいことメガネ』について

日々の暮らしのなかにある「いいこと」探しのエッセイシリーズ。
平日更新で、曜日ごとにテーマを設けてお届けします。

月曜日:うれしかった話
火曜日:たのしかった話
水曜日:いやされた話
木曜日:ドキドキした話
金曜日:ワクワクした話

「いいこと」はとつぜん降ってくるものではなく、わたしたちの身のまわりにあふれています。
色眼鏡をかけるように、「いいことメガネ」をかけて暮せば、あなたの生活も「いいこと」であふれていくかも。

 

「いいことメガネ」一覧へ>

 

タグ:
関連記事