【2022年3月】今月のミュージック・ダイアリー

日記をつけるように、その日気になった曲を記録していく「ミュージック・ダイアリー」。

月毎にプレイリストを作成し、日々、曲を放り込んでおきます。月の終わり、溜まった曲を上から順に聴き直していくと、その時々の心象が曲に結びついて浮かび上がってきます。

言葉では言い表せない何か。言葉になる前の何か。けれど、自分が確かに感じたはずの何か。

それらを無かったことにせず、自分の内に留めておくための、1つのアプローチになるのではないかという仮説のもと「ミュージック・ダイアリー」を始めてみました。

ここでは、その検証実験の記録として、プレイリストを公開していきます。

2022年3月のプレイリスト

Apple music

Spotify

サブスクでない曲たち

▶︎ Staining / Eddie Marcon – Minna Kikeru ~ Good Music Streaming & Download_JP

▶︎ Vertical | Gustafsson/Lugo | SUPERPANG

▶︎ Ginger Root – Kimi Ni Mune Kyun | My Favorite ALFA: Play – YouTube

▶︎ I’m Longing for You Honey in Middleboro, Mass | Old Town Crier

▶︎ Do I Ever Cross Your Mind – Dolly Parton & Chet Atkins (feat. Allison Young) | Among Friends (Ep. 2) – YouTube


3月のプレイリストを振り返ってみて

3月は音楽に癒しを求めていたのか、とにかく曲数が多い。結構疲れていたんだと思う。インストを除けば半数以上が女性ボーカルだった。

2月に引き続いてPhoebe bridgers を繰り返しよく聴いた。その繋がりで見たAmeobaの”What’s In My Bag”で彼女のお気に入りレコードたちが紹介されていて、Elliott Smithが入っていたのに、妙に納得した。

僕はフォークミュージックが好きなんだと気がついた月でもあった。「歌心」の意味は、人それぞれ異なってくるだろうけれど、僕にとってのそれは、ひとりぼっちで歩く帰り道に、または日中に洗濯物を干しながら聴きたくなる歌声のこと。なんだかわかんないけれど、しばらく会っていないあの人に電話をかけたくなるような、そんな気持ちにさせてくれるような歌声のこと。

関連記事